有酸素運動に適した時間帯

一日うち、どの時間帯が有酸素運動によるダイエットにぴったりなのでしょうか。最初に有酸素運動を始めてしばらくの間エネルギー源となるのが、血液の中にある糖質です。血糖値の少ない時に有酸素運動をすれば体脂肪がすぐに燃焼させることができ、ダイエットに良いのではないかと考える人もいます。糖質とは脳の唯一の栄養源です。集中力が低下している極度の空腹状態では、想定外のトラブルにジョギング中に巻き込まれることもあるのではないでしょうか。肝臓のグリコーゲンを低血糖状態での運動は使うという仕組みになっています。筋肉をすり減らしてしまうことに、一緒に筋肉の原料となるアミノ酸も使ってしまうのでなるといいます。おすすめなのは運動は低血糖状態で有酸素運動をするより、血糖値がある程度の状態である時に始めることです。徐々に使用するエネルギーを血中の糖質から体脂肪に切り替えた方が健康的なダイエットができます。ダイエットにと早朝にジョギングをする人もいます。空腹の低血糖状態で激しい運動をすることは、特に高齢者にとっては危険です。消化活動に血液が集中している食後すぐは、運動をしないほうが無難だといえるでしょう。有酸素運動によるダイエットに適した時間帯は、食後1時間以上が経過して血糖値が安定し、消化活動も一段落ついた頃だといえるでしょう。